僕は車いすの犬

~モアイ像と渚でスキップ 跡地~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重症筋無力症について

毛玉が「重症筋無力症」と診断されたのは2009年2月13日です。

1日何回も吐くのでおかしいと思い、かかりつけの獣医さんに行ってバリウム飲ませてレントゲンを撮ったところ、巨大食道症になっていたとわかったのが2月1日
翌日、熱を出して血液検査したところCRPがスケールアウトしてると言うことで、即入院。
24時間点滴して、翌日にはかなり元気になっていました。
繰り返し吐いたことで食道が炎症起こしていたのか・・・肺炎ではなかったようです。
そして、血液検査の結果、重症筋無力症と言うことがわかり、それ以降流動食の立ち食い&食後に30分ほど縦抱きにするという方法でなんとか乗り切ってきました。

寝るときも、頭を低くすると吐いてしまうので浮き輪のようなエリザベスカラーを購入
四六時中付けたままで行動してもらい、横になるときは自動的に頭はその浮き輪を枕にして寝るというような感じにしていました。



これが結構なスグレモノで、吐く回数が激減
目を離しても、頭を低くすることがないのがすごくよかったです。

治療法はないと言われていたのですが、ここのサイトを読んで、きっといつか治癒する。肺炎にさえしなければきっと治ってくれる。
そう思いながら、ひたすら肺炎にならないように・できるだけ吐かないようにと気をつけていました。
この文章には助けられました。
ここに書いてある「自然治癒」という言葉にどれだけ力をもらったか・・・何回も何回も読みました。
(勝手にリンクしました、問題あれば削除します)

そして、去年の年末レントゲンを撮ったところ巨大食道症が治っているように見える・・・と!
レントゲンで食道ははっきり映らないので確定ではないですが、確かにうっすら黒く抜けている食道の部分が以前より細くなっている印象でした。

現在、毛玉は流動食ではなくふやかしたフードを、立って食べています。
食後の縦抱きはしていません。
そして、全く吐いていません。

発症から3年経って、自然治癒したと考えていいのかな?と、思っています。


それにしても、せっかくそっちが治ったと思ったら
今度は変性性脊髄症・・・なんともやりきれません


musaball.jpg

車椅子にはかなり慣れてきて、元気に楽しく遊んでます。
できることは、まだきっとあるはず!



スポンサーサイト
  1. 2012/01/18(水) 20:21:37|
  2. 犬の病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ちび玉の咳について | ホーム | ロングなお散歩に疲弊する日々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moaimomo.blog116.fc2.com/tb.php/36-ee9cfbf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

プロフィール

ムサシの母

Author:ムサシの母
13年前に近所のペットショップで犬嫌いのオットがなぜかいきなり「買う」という暴挙に出たコーギー=毛玉(ムサシ)と、2010年10月16日に家の前に落ちていたのを拾った盲目垂れ耳チワワ=ちび玉(メンマ)の2匹に囲まれたオバサンの犬介護日記風味なブログです

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。